生きものたちと距離感ゼロのふれあいを…
神戸市立須磨海浜水族園

Tel.078-731-7301

受付時間 09:00-17:00

12月~2月は水曜休み

シーズンにより夜間開園あり

  • ホーム
  • お知らせ
  • マップ・アクセス
  • 会社概要

メインイメージ

海の世界にでかけよう…

約600種類1万3千点の生きものを見ることができます。世界最大級の淡水魚「ピラルク」がおよぐアマゾン館、ダイナミックなイルカたちのパフォーマンスが人気の「イルカライブ館」など8つの独立した館で構成されています。

お知らせ

一覧

  • 生きものスクール「イカのすべてを知ろう!イカの解剖教室」イメージ当園では、生きものや自然、環境問題などについて学びたい方のために、さまざまな学習プログラムを提供しています。今回は、我々日本人にとって食卓などでなじみ深いイカについて、より深く知っていただく学習プログラムとして「イカをもっと知ろう!イカの解剖教室」を開催します。 魚介類の消費大国の日本で、イカは生鮮魚介類の年間1人当たりの購入量のベスト5にランキングしています(平成29年度の水産白書調べ)。そんなイカのことを皆さんはどれくらいご存知でしょうか?本スクールでは、イカの中でも日本でもっとも多く食べられているスルメイカの仲間を材料に、イカの解剖に挑戦していただきます。 普段、何気なく食卓に上がるイカ。その体のつくりはどうなっているのでしょう?イカ好きな方も、そうでない方も、この機会に、じっくりと観察してみませんか?イベント2019-04-19UP
  • 生きものスクール『リクガメの飼育員体験』当園では、スマスイ生きものスクール「リクガメの飼育員体験」を開催します。 このスクールでは、リクガメについてレクチャーを受けた後、飼育員と本館3階屋上展望広場“水辺のふれあい遊園”にあるリクガメ飼育エリアに入り、甲羅磨きやお掃除をして頂きます。掃除の後は、リクガメの体重測定や餌やりも行います。リクガメを間近に観察し、深く触れ合うことで、リクガメについて新しい発見をし、理解を深めて頂くことができたら幸いです。イベント2019-04-19UP
  • サイエンスカフェ第54弾「恐竜は絶滅したのに、カメはどうしてこんなに繁栄したの?」イメージスマスイサイエンスカフェ第54「恐竜は絶滅したのに、カメはどうしてこんなに繁栄したの?」を開催いたします。春から夏はカメづくしのスマスイ、ウミガメの次は、「恐竜とカメ」です! カメと恐竜が地球上に出現したのは中生代三畳紀。カメの最古の化石は約2億4千万年前の地層から、恐竜は約2億3千万年前の地層から見つかっています。約1億4500万年前以降の白亜紀の化石を調査すると、実は、発見されたカメと恐竜の種数はほぼ同じくらいでした。つまり、カメと恐竜の分類学的多様性はほぼ同じくらいと言えるのです。ところが、白亜紀末、恐竜は絶滅し、カメは生き残りました。その理由はいったいなんなのでしょうか? 化石爬虫類を専門とし、カメの系統進化や機能形態学を40年以上研究してきた平山廉氏が最新の研究成果からその謎に迫ります!!ぜひ皆様ご参加ください。イベント2019-04-10UP
  • イルカライブ館 開館30年!記念企画展&イルカライブを開催イメージ当園では、2019年3月27日にイルカライブ館がオープン30年を迎えます。平成元年にオープンし、近年ではプロジェクションマッピングと融合したイルカナイトライブを行うなど進化を続け、平成の時代とともにこれまでの30年間たくさんの皆さまに愛されてきました。そこで、イルカライブ館のオープンからこれまでの歴史を振り返る企画展やイルカライブ30年記念バージョンをスタートします。  イルカライブは、「つながりのわ」をテーマにお届けします。お客さまを交えながら、イルカたちが大小さまざまな輪を使った演技を披露します。ぜひ、お楽しみください。お知らせ2019-03-23UP
  • 平成最後のリニューアルは、さかなライブ劇場!イメージ当園では、平成最後の水槽リニューアルとして平成31年3月23日(土曜)に、人気餌やり実演「さかなライブ」の展示内容を変更し、新たにマダコの吸盤パワーを実演とともに体験型アトラクションで解説します。 平成28年3月、奇抜な体験アトラクションを導入するなど29年ぶりに大規模リニューアルを実施した「さかなライブ」ですが、この度さらなる魅力向上を目指し、早々に展示種を「カンディル」から「マダコ」に変更します。 マダコの寿命は約1~2年と短いにも関わらず、無脊椎動物では考えられない知能の高さを持つと考えられており、その知能をフル活用した捕食行動をご覧いただきます。また、「お客様が餌になる」体験については、マダコの持つ「吸盤」にスポットを当て、その吸いつきの強さを体験していただく内容となっております。 平成最後のリニューアルにあたり、担当飼育員が練りに練った渾身の出来栄えだと自負するものですお知らせ2019-03-13UP
  • 『世界のペンギン足型コレクション「ペタ、ペタ、ペタ」』開催!イメージ須磨海浜水族園、海遊館(所在地:大阪市港区、館長:西田清徳)、京都水族館(所在地:京都市下京区、館長:下村 実)は、2019年4月6日(土曜)から2020年3月31日(火曜)の期間、3つの水族館を巡り世界に生息する全18種のペンギンの足型スタンプを集める『世界のペンギン足型コレクション「ペタ、ペタ、ペタ」』(以下、本イベント)を実施します。ペンギン全種のリアルな足型を集めることができるスタンプコレクションは、世界でも非常に珍しい取り組みです。 本イベントは、関西の3つの水族館が連携することで、生きものの魅力を通し、より自然環境への関心や生物の多様性を感じていただきたいという思いから始まりました。初共同開催となる今回は、3園館ともに飼育展示している「ペンギン」にフォーカスしたイベントを開催します。世界に生息する全18種類のペンギンを通して、生きものを知る楽しさを感じていただける企画です。本イベントで使用する冊子は、各園館の飼育スタッフが、デザイン、内容、解説全てをオリジナルで制作しました。また、足型スタンプも飼育スタッフが実際にペンギンの生体や標本から採取したものです。お知らせ2019-03-07UP
  • スマスイ、Tik Tok始めます!イメージ須磨海浜水族園では、10代に人気の動画共有SNS「Tik Tok(ティックトック)」の公式アカウントを国内水族館では初めて開設します! スマスイキャラクター「ピンキー」が、生きものの魅力や、水族園のお仕事、スマスイキャラクターのダンスなど様々なテーマで動画を配信予定で、公開日には3つの動画を投稿します。 また、Tik Tokと連動して、スマスイのサブアカウントとしてピンキーInstagram(インスタグラム)アカウントも開設します!メインアカウントとは違い、「スマスイのキラキラ女子」を目指してゆるーく発信していきます。 生きものたちやスマスイの魅力を動画に詰め込んでお送りしていきますので、フォローよろしくお願いします!お知らせ2019-01-28UP
  • 貸し切り水族園~もっとスマスイを満喫する~イメージ閉園後を対象に貸し切り水族園を営業します。研修会やシンポジウム、法人様の福利厚生や記念行事、各種団体様のパーティ利用など多様な用途にご利用いただけます。 ◆利用可能日◆ 夜間営業日(GW、夏休み期間)と、休園日(12月~2月の水曜日、工事休園平成30年12月3日~4日)を除く全日 ※原則、1日1団体のみの利用となります(予約順) ※一部、完全な貸切とならない場合がございます。 ◆利用時間◆ 閉園後17時~22時まで ※基本利用時間は2時間となります。(延長利用可、有料) ◆基本使用料◆ 100名様まで、本館貸し切り 基本2時間 ¥200,000(税別) 100名様まで、全園貸し切り 基本2時間 ¥500,000(税別) ※100名様を超える場合は、1名様につき¥500(税別)の追加料金となります。 ※基本料金には、光熱水費(空調含む)、警備費を含みます。 ◆ご飲食◆ お客様のご要望に応じたケータリング・サービスをご提案いたします。(要相談)お知らせ2018-10-01UP
  • 新アトラクション「イルカの餌やり」毎日開催!!イメージ4月9日(月)から新アトラクションとして「イルカの餌やり体験」をスタートしました。それに伴い、4月1日より土曜・日曜・祝日開催分の参加予約を開始しています。(平日開催分は、当日受付のみ)  「イルカの餌やり体験」は、これまで期間限定アトラクションとして実施してきましたが、大変好評だったため、通年実施することにいたしました。また、ご要望の多かった体験中の様子を写真撮影できるよう、本アトラクションは付添者もエリア内にご入場いただけます。  場合によっては水しぶきが飛んでくることもありますが、口の中にたくさん並んだ歯が見られたり、タイミングが合えばイルカの呼吸音が聞けることもあります。間近でイルカを観察するチャンスです!是非、新アトラクション「イルカの餌やり体験」にご参加ください。 ◆開催場所◆当園ドルフィンピース ◆参加定員◆50名分/回 ◆参加費◆500円/1名分※別途入園料要 ◆参加対象◆年齢制限なし。但し、未就学児は保護者の同伴が必要。 ・動物の体調により、予告なく内容の変更や中止する場合がございます。イベント2018-04-19UP