海事・企業法務から一般民商事、家事事件まで
赤木海事綜合法律事務所

Tel.078-381-8753

受付時間 09:00-18:00

定休日:日曜

お気軽にお問い合わせください。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要

メインイメージ

次の100年に向けて

神戸市中央区神港ビルヂングの赤木海事綜合法律事務所は、海事・企業法務から一般民商事・家事事件まで、また、トラブル発生後のリーガルサービスから予防法学的対応まで、他分野に亘る幅広いリーガルサービスを提供しております。

おすすめの商品・サービス

一覧

お知らせ

一覧

  • 相続法改正の施行期日についてイメージ既にご存知の方も多いと思いますが,民法(相続関係)改正法の施行期日について,概要,以下の通りとなっております。来年1月から段階的に施行されることになりますので,ご留意ください。 (1) 自筆証書遺言の方式を緩和する方策    2019年1月13日 (2) 原則的な施行期日            2019年7月1日 (3) 配偶者居住権及び配偶者短期居住権の新設等 2020年4月1日 詳細は,法務省ホームページにてご確認ください。お知らせ2018-12-13UP
  • 「海上衝突予防法上の『船員の常務』」についてイメージ赤木文生所長,赤木潤子弁護士,佐藤克弘特別顧問が,日本海運集会所発行の海事法研究会誌に,「海上衝突予防法上の『船員の常務』」について 連載を掲載させて戴くことになりました。 第1回は,2018年11月号(241号)2頁に掲載されています。お知らせ2018-11-01UP
  • 神戸商工だより11月号 BUSINESS NETWORK KOBE欄にPRを掲載して戴きました。イメージ神戸商工会議所さんを通じて,今後も,より良い神戸・日本・世界の実現に向け,ネットワークを広げて参りたいと考えております。お知らせ2018-11-01UP
  • 金山節男氏が 特別顧問に就任しましたイメージ機関と船舶管理の専門家である金山節男氏が当所の特別顧問に就任いたしました。   佐藤キャプテン、金山氏両氏の助力を得て,現場目線の実務的な見地から,トラブル発生後のリーガルサービスだけではなく,予防法学的・ロスプリベンション的な,幅のあるリーガルサービスを提供させて戴きたいと考えております。お知らせ2018-11-01UP
  • 海技士と赤木海事綜合法律事務所イメージ写真右・右上が佐藤治重,写真左・左が佐藤重樹,右が佐藤寿志 赤木所長の妻・和子の父(潤子弁護士の祖父)故佐藤治重は,外航船の機関士であり,兄(潤子弁護士の伯父)故重樹は山下汽船の外航船の一等航海士であり,同兄(同伯父)故寿志は学徒動員で横須賀に入隊し19歳の若さで病死しました。 故佐藤重樹は,当所の佐藤克弘特別顧問の義父であり,赤木所長が手掛けた難解な船舶差押え事件に関し,多大な貢献をした海技士でもあります。 AI・IOTの時代となるも,なお,日本の海技士の存在自体,また,その安全な航海を完遂する高い技術は,依然として重要であると,赤木海事綜合法律事務所は確信しています。私共は海運業が島国である日本にとってなくてはならない血液のような重要な基幹産業であると確信しています。 私共は,佐藤克弘特別顧問の多大な助力により,海技の伝承に資する法律事務所として前進するべく,海技士の皆様,海事クラスターの皆様の為にステラマリスに進路を取り,日々研究を続けています。 私たちは海事クラスターの一員として,海技士の皆様,海事クラスターの皆様を心から応援しております。お知らせ2018-06-03UP
  • 創業100周年の感謝に寄せてイメージ赤木海事綜合法律事務所は,その起源である赤木章生法律事務所に遡り,2018年を創業100周年の年として記念することになりました。皆様の温かい多大なご支援を心から感謝申し上げます。 2018年からは,佐藤克弘氏(元 日本郵船船長,元 東京湾水先人会会長・元 日本水先人会連合会副会長)が特別顧問として専門的知見から助力してくれることになりました。 100年を記念し心を新たに,赤木章生弁護士の弁護士魂に心を馳せ,依頼者の皆様の心に寄り添う職人気質の法律事務所として日々精進して参ります。次の100年に向けて引き続きご支援を賜りますよう,何卒宜しくお願い申し上げます。  所  長 弁護士 海事補佐人 赤木文生  パートナー弁護士 海事補佐人 赤木潤子お知らせ2018-01-01UP