生きものたちと距離感ゼロのふれあいを…
神戸市立須磨海浜水族園

Tel.078-731-7301

受付時間 09:00-17:00

12月~2月は水曜休み

シーズンにより夜間開園あり

  • ホーム
  • お知らせ
  • マップ・アクセス
  • 会社概要

メインイメージ

海の世界にでかけよう…

約600種類1万3千点の生きものを見ることができます。世界最大級の淡水魚「ピラルク」がおよぐアマゾン館、ダイナミックなイルカたちのパフォーマンスが人気の「イルカライブ館」など8つの独立した館で構成されています。

お知らせ

一覧

  • カリフォルニアアシカ「ハヤト」を初公開!イメージ当園では、平成31年1月15日(火曜)より、カリフォルニアアシカの「ハヤト」を初公開します。公開に伴い、前日の1月14日(月曜)に本館3階 水辺のふれあい遊園アシカプールへ引っ越しします。 「ハヤト」は、昨年の10月、高知県の桂浜水族館からやってきた1歳のカリフォルニアアシカです。冷静沈着なクールボーイですが、とてもひとなつっこい性格です。徐々に当園の環境にも慣れ、健康状態も良好です。新しい環境に、どのような反応をするのか飼育員一同気が気ではありませんが、持ち前の性格で楽しんでくれることを願っています。 ぜひ、スマスイの新しい仲間に会いに来てください。お知らせ2019-01-11UP
  • 愛します!守ります!神戸の海 神戸海上保安部 in スマスイイメージ当園では、海上保安庁緊急通報用電話番号「118番」の周知・普及目的に、神戸海上保安部とのコラボレーション企画を開催いたします。 本企画は、海上保安庁緊急通報用電話番号「118番」を広く皆様に知ってもらうために制定された「118番の日(1月18日)」に併せて開催する企画で、当園では3年ぶりの開催です。 当日は、海上保安官の知られざる仕事を紹介するコーナーや、「制服の試着体験」、「潜水ボンベ装着体験」など、保安官になりきれる特別ブースを設置するほか、保安官と一緒に作る「ロープを使った携帯ストラップ作り」なども体験していただけます。そして、イルカライブ館では、潜水士が実際にプールに入って、救助の様子を再現するライブステージを上演いたします。 また、本企画に併せて「未来に残そう青い海、海上保安庁図画コンクール」の作品を園内に展示し、図画コンクール受賞者表彰式を行います。 この機会に、海上保安官と一緒に「海」について楽しく学んでいただきながら、合言葉「海のもしもは118番」を覚えていただければと思います。イベント2019-01-09UP
  • 企画展「季節外れの金魚展」を開催!イメージ当園では、企画展「季節外れの金魚展」を開催します。今回は土佐錦魚(とさきん)の幼魚で黒子とも呼ばれる体の色が黒い個体を展示します。 金魚といえば夏の風物詩ですが、冬のこの時期に企画展を開催するには理由があります。平成28年に当園の姉妹園館である桂浜水族園より譲り受けた土佐錦魚が、平成29年6月に当園で繁殖しました。しかしながら、生まれたての土佐錦魚の稚魚は、展示するにはあまりにも小さく、か弱かったため、バックヤードで成長させていました。やっと安心できる大きさになった幼魚を、今こそお客様に一目見ていただきたいと思い、企画展を開催することになりました。 土佐錦魚の幼魚だけではなく、土佐錦魚の品種改良の元となった2品種の金魚(大阪らんちゅう、琉金)に加え、飛び出た目が特徴的な出目金を展示します。季節外れではありますが、尾びれを振りながらかわいらしく泳ぐ金魚たちを、ぜひご覧ください。イベント2019-01-07UP
  • 太古よりミニマリストを貫く魚「ヌタウナギの仲間」の展示を開始!イメージ当園では、ヌタウナギの仲間「クロヌタウナギ」の展示を開始します。 「ウナギ」とついていますが、無顎類と呼ばれる仲間で、皆様が良く食べている「ウナギ」とは全くかけ離れた位置に分類されている生物です。 古代カンブリア紀より、生物たちは進化し、多様化することで、自然環境の変化に適応し生き残ってきました。クロヌタウナギの祖先は4億年ほど前のデボン期に現れ、そこから現代までの間に何度も地球規模の環境変化がありましたが、彼らはほとんど姿を変えることなく生き残ってきました。それは何故か?彼らにとっての進化は全ての無駄の無駄を省く、“ミニマリスト”になることだったからです。そんな彼らの成功の秘密をパネルでも解説します。 今年の年頭の抱負を、「ミニマリストな生き方」にしたそこのあなた!ぜひクロヌタウナギに会いに来て下さい。彼らの生きざまから何かヒントが得られるかもしれませんよ!お知らせ2019-01-04UP
  • 企画展「干支展"亥"イノシシの名が付く生きものがいないの...」イメージ当園では、毎年恒例の企画展「干支展」を開催します。毎年、その十二支の名にちなんだ生きものを展示していますが、12年に一度、飼育員を困らせるのが「亥」年。実は「亥(イノシシ)」と付いた名前の生きものはなかなかいないのです。アイディアをひねり出し『イノシシ』に縁のある生きものをなんとかかき集め、企画展の開催にこぎつけました。 今回展示するのは、別名で「イノシシ」やイノシシの幼少期である「イノコ」「ウリボウ」と呼ばれている生きもの、イノシシの改良品種であるブタに見た目が似ている生きものです。生体とともにその名前の由来なども紹介します。さらに、年賀状にぴったりな、丸太ベンチとイノシシの模型を設置した記念撮影コーナーを併設します。 須磨海浜水族園にて水中生活をおくるイノシシたちを見て、来年も亥亥(いい)年が訪れるように、縁起を担いで頂ければ幸いです。是非、ご来園下さい。イベント2018-12-08UP
  • 冬はほっこり「こたつで魚鑑賞」を実施!イメージ『暖か~い場所で、ほっこりとした時間を過ごしたくなる季節。 こたつで暖まりながら、魚を鑑賞してみませんか・・・。』 をキャッチフレーズに、例年、須磨海浜水族園では、こたつにあたりながら魚を鑑賞する大人気イベント「こたつで魚鑑賞」を開催してきました。「そろそろ例のアレ、やらないんですか?」との多数のお問合せにお応えして、今年も開催することにしました! 設置されるこたつは、職員手作りのオリジナルです。総長4.8メートルの細長い形をしており、ベンチに座る形式なので、靴を履いたまま、あたることができます。また、波の大水槽のすぐ前に設置しますので、入園したばかりの冷えた体を暖めつつ、じっくりと魚たちを観察していただけます。水族館と言うと、“水”のイメージが何となく夏を連想させ、冬場は遠慮されがちな施設です(実際は、建物内での観覧が多いので、結構冬にも適していると思いますが…)。「冬のスマスイは、こたつで暖か!!」というイメージを抱いていただき、ほっこりまったりと温まりに来てください。でも、あまりに心地よすぎで、鑑賞の前に、ついウトウトしてしまうかもしれませんが…。イベント2018-12-04UP
  • スレイヤーズなぞとき「 ドラグ・スレイブを取り戻せ!」イメージァンタジア文庫&ドラゴンマガジン30周年記念30大企画の一つとして、大人気小説「スレイヤーズ」が夜の水族館を舞台にリアル謎解きゲーム化! 実際に自分が頭や身体を動かしながら謎を解いて進めていく体験型のゲームイベント。参加者は参加キットを元に、隠された手がかりをみつけながら、謎に挑みます。 あなたはリナ=インバースと力を合わせ、すべての謎を解き明かすことができるのか!?イベント2018-11-14UP
  • ゼロ距離ライブ!!「ペンギンのお散歩ライブ」を実施中!イメージ当園では、10月13日(土曜)より「ペンギンのお散歩ライブ」を実施致します。  ペンギンたちが飼育エリアを飛びだして、お弁当広場をお散歩します。このお散歩ライブでは、お客様とペンギンを隔てる柵はありません。非常に近い場所からご覧いただける、ゼロ距離のライブです。歩き方の個性はさまざま、勢いよく泳ぐ姿とは違った、たくましい歩きっぷりをぜひご覧ください。 ◆開催期間◆ 平成30年10月13日(土曜)~来春 ◆開催時刻◆ 13時45分(約15分間)  ※12月以降は開催時刻を変更します。 ◆開催場所◆ お弁当広場 ◆参加動物◆ マゼランペンギン 学名Spheniscus magellanicus チリ・アルゼンチン・ペルーと言った暖かい地域に生息。体長約70センチメートル、体重約4キログラム。 ◆参加羽数◆ 5~10羽 (動物の状態により変動いたします) ◆その他◆ 雨天の場合、開催場所の変更有りイベント2018-10-13UP
  • 貸し切り水族園~もっとスマスイを満喫する~イメージ閉園後を対象に貸し切り水族園を営業します。研修会やシンポジウム、法人様の福利厚生や記念行事、各種団体様のパーティ利用など多様な用途にご利用いただけます。 ◆利用可能日◆ 夜間営業日(GW、夏休み期間)と、休園日(12月~2月の水曜日、工事休園平成30年12月3日~4日)を除く全日 ※原則、1日1団体のみの利用となります(予約順) ※一部、完全な貸切とならない場合がございます。 ◆利用時間◆ 閉園後17時~22時まで ※基本利用時間は2時間となります。(延長利用可、有料) ◆基本使用料◆ 100名様まで、本館貸し切り 基本2時間 ¥200,000(税別) 100名様まで、全園貸し切り 基本2時間 ¥500,000(税別) ※100名様を超える場合は、1名様につき¥500(税別)の追加料金となります。 ※基本料金には、光熱水費(空調含む)、警備費を含みます。 ◆ご飲食◆ お客様のご要望に応じたケータリング・サービスをご提案いたします。(要相談)お知らせ2018-10-01UP
  • 新アトラクション「イルカの餌やり」毎日開催!!イメージ4月9日(月)から新アトラクションとして「イルカの餌やり体験」をスタートしました。それに伴い、4月1日より土曜・日曜・祝日開催分の参加予約を開始しています。(平日開催分は、当日受付のみ)  「イルカの餌やり体験」は、これまで期間限定アトラクションとして実施してきましたが、大変好評だったため、通年実施することにいたしました。また、ご要望の多かった体験中の様子を写真撮影できるよう、本アトラクションは付添者もエリア内にご入場いただけます。  場合によっては水しぶきが飛んでくることもありますが、口の中にたくさん並んだ歯が見られたり、タイミングが合えばイルカの呼吸音が聞けることもあります。間近でイルカを観察するチャンスです!是非、新アトラクション「イルカの餌やり体験」にご参加ください。 ◆開催場所◆当園ドルフィンピース ◆参加定員◆50名分/回 ◆参加費◆500円/1名分※別途入園料要 ◆参加対象◆年齢制限なし。但し、未就学児は保護者の同伴が必要。 ・動物の体調により、予告なく内容の変更や中止する場合がございます。イベント2018-04-19UP