会社・不動産・相続・登記・裁判の法律アドバイザー
岡本司法書士事務所

Tel.078-341-6708

受付時間 09:00-18:00

定休日・日祝日(土曜は事前予約制)

事前予約により18時以降も対応可能です。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

お知らせ

売掛金の消滅時効をストップ!! / 経営者のためのビジネス法務「豆知識」Vol.3

お知らせ2014-12-01UP 

イメージ

Vol.2では、売掛金等の消滅時効について、注意しておくべきポイントを
3つ紹介させていただきました。

今回は、消滅時効にかからせないように債権を管理する方法の紹介です。

消滅時効の進行を止めることを「時効の中断」といいますが、
この時効中断の方法には、「請求」「差押・仮差押・仮処分」「承認」の3つがあります。
ここでいう「請求」は、訴訟等の裁判上の請求を指していますので、
請求書を送り続けるだけではダメということになります。

「請求」「差押・仮差押・仮処分」という方法は、
費用・時間・労力の面でハードルが高いですね。

これに対して「承認」は、費用・時間・労力がほとんどかかリません。
また、「弁済猶予の申し入れ」「延期証の差し入れ」「担保の提供」「利息の支払い」
「一部の支払い」「減額の交渉」等でも、原則として、時効の中断事由としての「承認」になる
とされています。

そこで、日常的な債権管理の方法としては、「承認」が一番適切といういうことになります。

「承認」の具体的な活用方法等の詳細については、ブログをご参照ください。

岡本司法書士事務所のブログ

お問い合わせフォームはこちら