会社・不動産・相続・登記・裁判の法律アドバイザー
司法書士 岡本雅伸事務所

Tel.078-341-6708

受付時間 09:00-18:00

定休日・日祝日(土曜は事前予約制)

事前予約により18時以降も対応可能です。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 商品・サービス
  • マップ・アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ

メインイメージ

信頼と実績(司法書士歴25年) 頼れる身近な法律アドバイザー

◇会社のこと(株式譲渡、債権回収等)
◇不動産のこと(名義変更、事業用借地等)
◇相続のこと(遺産の整理・分割、遺言等)
◇登記のこと(会社設立、動産・債権譲渡等)
◇裁判のこと(訴訟、執行、債務整理等)
お気軽にご相談ください。

おすすめの商品・サービス

一覧

お知らせ

一覧

  • 『司法書士に聞いてみよう!』イメージどんなときに司法書士に頼むといいのかな? という疑問にわかりやすく答えた冊子が発行されています。 それは、日本司法書士会連合会が作成した司法書士アクセスブックで、 タイトルは『司法書士に聞いてみよう!』です。 この冊子は、漫画家ビブオ氏作画の漫画広告素材をまとめたもので、 「遺言」「会社設立」「成年後見」「相続登記」といった身近に起きる法律問題に対して 司法書士ができることを漫画でわかりやすく説明した内容となっています。 日本司法書士会連合会のホームページから無料でダウンロードすることができますので、 興味のある方は一度ご覧になってください。お知らせ2017-01-07UP
  • 2月は「相続登記はお済みですか月間」イメージ2月は司法書士会の推進する「相続登記はお済みですか月間」です。 各地で司法書士会主催の無料相談会が開催されます。 遺言書を作成した方がいいのかな・・・ 老後の財産管理が不安で・・・ 自宅や預貯金の相続手続きはどうすればいいの・・・ このような悩みや心配があれば、この機会にご相談ください。 兵庫県司法書士会総合相談センター 電話 078-341-2755(受付:平日9~17時) (相談は司法書士法に定める範囲に限ります) 【耳寄り情報】  相続や成年後見についてわかりやすく解説した小冊子を日本司法書士会連合会 のホームページから無料でダウンロードすることができます。お知らせ2016-01-30UP
  • 年末年始の休業日のお知らせイメージ休業日 12月29日(火)~1月3日(日) 年内は、12月28日(月)で業務終了となります。 仕事始めは、1月4日(月)となります。 よろしくお願いいたします。お知らせ2015-12-24UP
  • 裁判所を装った詐欺に注意!! / 役に立つ?! 法律雑学 Vol.2イメージ裁判所等を装った不審な郵便物などに要注意!! 今日、裁判所のホームページをチェックしていると、 「裁判所や裁判所職員等を装った不審な電子メールや電話、郵便物にご注意ください」 というトピックスが掲載されていました(2014年12月18日更新)。 裁判所のホームページに掲載されている具体的な詐欺の手口は、 いずれも法律の専門家であれば、すぐに詐欺と気づくような幼稚な手口ですが、 訴訟などに関与したことのない一般の方にとっては、「民事訴訟最終確認通知」 というタイトルのはがきが届いたりすると、やはり不安に感じると思われます。 詳細については、スペースの都合でブログに掲載しています。 「法律雑学」を活用して、悪質な詐欺にかからないようにしましょう!! お知らせ2014-12-22UP
  • 売掛金の消滅時効をストップ!! / 経営者のためのビジネス法務「豆知識」Vol.3イメージVol.2では、売掛金等の消滅時効について、注意しておくべきポイントを 3つ紹介させていただきました。 今回は、消滅時効にかからせないように債権を管理する方法の紹介です。 消滅時効の進行を止めることを「時効の中断」といいますが、 この時効中断の方法には、「請求」「差押・仮差押・仮処分」「承認」の3つがあります。 ここでいう「請求」は、訴訟等の裁判上の請求を指していますので、 請求書を送り続けるだけではダメということになります。 「請求」「差押・仮差押・仮処分」という方法は、 費用・時間・労力の面でハードルが高いですね。 これに対して「承認」は、費用・時間・労力がほとんどかかリません。 また、「弁済猶予の申し入れ」「延期証の差し入れ」「担保の提供」「利息の支払い」 「一部の支払い」「減額の交渉」等でも、原則として、時効の中断事由としての「承認」になる とされています。 そこで、日常的な債権管理の方法としては、「承認」が一番適切といういうことになります。 「承認」の具体的な活用方法等の詳細については、ブログをご参照ください。 お知らせ2014-12-01UP
  • 子供が自転車で事故!! まずは保険の特約を確認 / 役に立つ?! 法律雑学 Vol.1イメージ昨年(2013年)神戸地方裁判所において、子供の自転車事故で約9500万円の賠償金の支払いを命じる判決が出されたことが大きなニュースとなりました。 自転車保険の加入者はまだ少ないと思われますが、自転車による事故について、自転車保険そのものに加入していなくても使える保険もあります。 例えば、マイカーを持っていると自動車保険に加入していると思いますが、自動車保険に「個人賠償責任特約」が付いていることも少なくありません。 この個人賠償責任特約を利用することができると、同居の親族等が起こした自転車事故の賠償について保険金の支払いを受けることが可能となります。 保険よりも身近な共済では、コープ共済の「個人賠償責任保険」特約もあります。 また、県民共済の「こども型」の保障内容には、「第三者への損害賠償」も当初から含まれていますので、自転車事故の賠償も保障の対象となります。 ご自身の子供が自転車事故で他人にケガをさせてしまったとき、自転車保険に加入していなくても、あわてないで、まずは自動車保険の特約などが使えないか確認するようにしましょう。お知らせ2014-11-10UP
  • 売掛金は2年で消える?! 請求書を送るだけではダメ /経営者のためのビジネス法務「豆知識」Vol.2イメージ商取引による債権の消滅時効の期間は、原則5年とされています。 この消滅時効については、誤解されている点も多いようですので、経営者として注意しておくべきポイントを3つ紹介させていただきます。 ポイントの1は、消滅時効の期間について、原則の5年よりも短い債権があることです。 例えば、料理店や飲食店等の代金は1年、小売商人等の商品代金(売掛金)は2年、設計・施工業者等の工事代金は3年とされています。 ポイントの2は、請求書を送るだけでは時効の進行を止めることができないことです。 ポイントの3は、消滅時効の完成による債権の消滅は、「確定的」なものではないということです。 ケースにもよりますが、消滅時効にかからないように債権を管理する一番の方法は、「請求」ではなくて、「承認」かもしれません。この点については、またの機会に紹介させていただきます。 なお、ポイントの2と3については、スペースの都合で内容を省略しています。詳細はブログに掲載していますので、一度覗いてみてください。お知らせ2014-10-25UP
  • 会社が消える?! みなし解散の登記に注意 / 経営者のためのビジネス法務「豆知識」Vol.1イメージ株式会社の役員には任期があります(原則として取締役2年・監査役4年。いずれも定款で定めることで最長10年とすることが可能。)。 この役員の任期が満了すると、同じ人がそのまま役員に再任された場合でも、「重任」ということで役員変更の登記手続をする必要があります。 このような役員変更の登記を長期間失念している会社は注意が必要です。 というのも、平成26年11月17日の時点で、最後に登記をしてから12年以上経過している株式会社(このような株式会社のことを「休眠会社」といいます。)については、平成27年1月19日までに「まだ事業を廃止していない」旨の届出を管轄の法務局(登記所)にしないと、解散したものとみなされて、登記官が職権で会社の解散の登記をすることになっているからです。 このような休眠会社については、平成26年11月17日付けで法務大臣が官報公告をした上で、管轄の法務局から会社宛てにその旨の通知が郵送されることになっています。法務局からこのような通知が届いた会社は要注意です。放置せずに所定の手続をとるようにしましょう。 お知らせ2014-10-18UP
  • 平日夜間&土曜の法律相談も受付中イメージ平日の昼間はお仕事などで時間をとれない方のために、平日の夜間(18時以降)と土曜日の法律相談・登記相談を受付しております。 会社、不動産、相続、登記、裁判のことなどお気軽にご相談ください。 法テラスの無料相談にも対応しております。 事前予約制となっておりますので、前日までにお電話又はお問い合わせメールにてご連絡ください。 (LINE電話にも対応しています) (平日夜間の相談時間 18:00~20:00) (土曜日の相談時間 9:30~18:00)お知らせ2014-09-24UP

お問い合わせフォームはこちら